--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.01.12

十種ヶ峰マウンテンバイクスラローム

にょろ執筆

 トクサガミネです。
 県内初?のリフトつきDHコースになるかもしれない?期待大です。

 2007/11/24、ここで行われたデュアルスラローム大会に参加してきました。
十種ヶ峰マウンテンバイクスラローム01 V-Qko-jiさんの御尽力を筆頭に、準備をされた方々、及びスキー場、ウッドパークの関係者の方々

 ・・・感謝です。

 んで、レースは楽しかったです。
 結果は

 ・・・自分としては、良いほうです。

 問題は、レース後のファンライド・・・ダウンヒルです。


十種ヶ峰マウンテンバイクスラローム02 早速リフト券を買って、リフトに乗ります。
 下ります。

 こ・・・怖い・・・

 ダウンヒルバイクに跨って

 ダウンヒル・・・

 怖すぎます。
 スピードに目が追いつきません。

十種ヶ峰マウンテンバイクスラローム03 んで、近付いてくる、木製のジャンプ台、
 めっちゃスピード緩めて進入開始・・・
 とりあえず、ビクビクしながらクリア。
 滞空時間(極小)は不安だらけ

 怪我しそうな予感・・・

 トータル7本下って止めました。
 (内ジャンプ台は2回だけ)

十種ヶ峰マウンテンバイクスラローム04 スピードに慣れるのに、50本は下らないと・・・
 その前に、腕も足も上がりそう・・・

 ※ロードレーサーでスピードを出すのとはずいぶん違うものだと再認識しました。
 ゲレンデを直滑降なんて、未舗装路では、暴れるバイクを押さえるのが精一杯です。・・・乗れてません・・・

 2003年の三瓶山以来のダウンヒル、このスピード感、恐怖以外の何者でもありません。
 でも、せっかく県内でのイベント(三瓶より近いし)積極的に参加したいものです。

 写真は、シュガーさん提供です。ありがとうございました。
関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://yabai.blog10.fc2.com/tb.php/71-1efd0622
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。