--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.15

ようこそ北の地獄へ

パリルーベ クラシックの女王、またの名を「北の地獄」と称されるパリ・ルーベ。
 今日はパリ・ルーベの日。パリ郊外からルーベにあるバンク(競輪場)に向うクラッシクレース(ワンデーレース)だ。

 このレースを見たものは、自転車レースの虜になるだろう。

 ツールドフランスの虚々実々な戦いと一線をかくすこのレース。「強いものが勝つ」レースが、このパリ・ルーベだ。
 その理由はなんといっても パベ 「石畳」だ。登りらしい登りが一切無いと言ってよいほどのド平坦。しかし峠よりもキツイ30箇所弱の石畳が選手を待ち構える。その荒れた路面は、選手を次々と飲み込んでいく。
 パンク、落車、脳が震えるほどの振動、舞い上がる砂塵。そして、一たび雨でも降ろうものならどろどろとなった石畳は、たちまちスケートリンクと化す。かまぼこ状に轍化した路面、気を抜けば路面外へと落ちてゆく。

 今年は、天気いいっぽい。しかも、温暖化の影響?気温は季節はずれの夏日らしい。まあ、まあ、雨が無くたってこのレースの凄さは変わりはしない。有力選手が怪我無く走り切ることを祈る。

 ようこそ北の地獄へ

by やんにし
関連記事


この記事へのトラックバックURL
http://yabai.blog10.fc2.com/tb.php/61-a5c9b7d8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。