--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.11.03

Tour de France 2006

ツールドフランス2006のコースが発表された。(もう、一週間以上前の話だけど。。)

特徴から言うと、
・チームタイムトライアル(TTT)が無くなった。
・個人タイムトライアル(ITT)が、プロローグ7km、7st.52km、19st.56kmで全て平坦と昔の設定に戻った。
・上級山岳コースは5つと多そうだが、頂上ゴールは3つと少ない。
と、言ったところ。

イメージ画像 最有力候補としてバッソが挙げられる中、自分はあえてウルリッヒ君を挙げたい。CSCの御家芸TTTが無くなった。山岳を無難にこなせば、ITTでライバルに大きなアドバンテージを築くことができるだろう。

ランスの居なくなったツール。ここ数年の「一番つまらないグランツール」から一変、オープンレースとかすだろう。公式ポスターがそれを物語る。シャンゼリゼでこの黄色いジャージを手にするのは誰なのか。

ところで、YABAI黄色いジャージが新しくなるってホント?

by やんにし
関連記事


この記事へのトラックバックURL
http://yabai.blog10.fc2.com/tb.php/32-9726e8cb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
来年のロードレースは、ツール・ド・フランス以外でも「誰が勝つか,何が起こるかわからない」といったところかな。
プロチームでは、ファッサボルトロが無くなり、ペタッキを中心としたゴール前での統率された高速トレインをもう見ることはできない。
そのペタッキは、アルベルト・オンガラート,マルコ・ヴェーロと共にミルラム(ドイツ,旧ドミナ・ヴァカンチェ)に移籍。このチームにはファビオ・サッキやエリック・ツァベルも移籍してきており、強力なスプリントチームが誕生する。
T-モバイルはビノクロフがリバティー・セグロスへ移籍したが、クイックステップからシンケビッツとマイケル・ロジャースを獲得。ウルリッヒ,クレーデンを柱とした総合力の高いチームとなる。
Posted by くま at 2005.11.07 23:26 | 編集
逆に
タレント皆が本気でツールを目指すあまり、かえって他のグランツール、とりわけツールの前にあるジロデイタリアが寂しい内容になるんじゃないかと危惧してるです。(バッソは早々とジロに出場しないと表明している。)

まあ、それも番狂わせのエッセンス。とにもかくにも群雄割拠。目が離せんね2006は。
Posted by やんにし at 2005.11.10 20:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。