--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.23

「天使と悪魔」はジロ最終ステージのローマが舞台

 先週末、映画「天使と悪魔」を見たっす。

 土曜日に前作の「ダヴィンチ・コード」をTV地上波で見てから、日曜日に続編の「天使と悪魔」といった感じ。(原作本は、「天使と悪魔」が先で「ダヴィンチ・コード」が後らしい。映画も別にストーリーにつながりはなく、冒頭で少し話題に出るくらい。)

 「ダヴィンチ・コード」が”難解”という評価だったのに比べて、「天使と悪魔」はアクションシーンが多く、予備知識が無くても充分楽しめる内容だった。

 今作は「ガリレオ・コード」との話もあったが、ガリレオの暗号を解くのは最初だけで、軸はベルニーニが残した彫刻が軸になっている。「ベルニーニ・コードやん。。」と思った。

 「スリル」は今作の方が上だが、「サスペンス」劇としては犯人が最初から読めてしまってイマイチと言った感じではある。

 

 そういえば、今年のジロはローマが最終ステージ

 コースマップをよーく見ると、第一の現場デルポポロ教会、第二の現場バチカン市国のサン・ピエトロ広場、そして第三の現場ヴィットリア教会の前を通過する。最終ステージを観る前に「天使と悪魔」を見とくと、ラングドン教授に成り切れるかも。ちょっと一味違ったレース観戦ができそうだ。

 

by やんにし

関連記事


この記事へのトラックバックURL
http://yabai.blog10.fc2.com/tb.php/152-28664d63
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。