--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.02

夏を振り返る

 7月~9月に行われた、自転車さんぽ山口セレクションのリザルトが発表された。

 いち自転車乗りとして、この大会について振り返る。

 

 まず、自転車さんぽ山口セレクションって何?ってとこから。

 とりあえず、「自転車さんぽ」が何なのかはもう散々説明してきたのでもうしない。予習の足りない人は、まずココを読んで欲しい。

 えーと、そうそう山口セレクションとは、自転車さんぽのセルフ参加型大会。通常の大会が、決まった日時に開始、決まった時刻に終了、参加者が一斉に競技に勤しむ。に対し、山口セレクションは、7月~9月の間の好きな日に自己申告で勝手にやってくださいというもの。原則、日出から日没までの12時間であれば、いつでも良いというわけ。

 

 勝手にどうぞというわけで、チーム他仲間内で集まってやろうと計画してたんだが、いろいろと問題があって、あんなことやこんなような結果になったのは、皆さんもご存じか。

 

 で、自分のことは棚に上げて、この大会がどうだったのかという事を勝手に総括してみたりする。リザルトを見た方は「参加者少な~」と思われたことだろう。この大会、いろいろと課題があった。

 とにもかくにも時期だろう。真夏のサイクリングは過酷だ。

 セルフ大会ということもあって走ろうと思い立つ者は、それなりに志の高いものに限られる。その人間が回りを誘って…ということになるわけだが、季節が悪い。

 「自転車さんぽ」は、ルールや趣旨から、自転車競技にそれほど傾倒していない者に参加を呼びかけやすい大会だ。自分も、街乗りしかしないような友人に声をかけている。しかし、「お盆に走ろう。」と声かけしたら、「真夏に走るなんて頭おかしんじゃないの…」みたいな事を言われてしまった。一般人にとって、真夏≠サイクリング日和。まあ、そうだよね。

 

 個人的には楽しめたし、我々も含め、もっと啓蒙活動していけば参加者も増えると思う。続けてほしいね。

 

by やんにし

関連記事


この記事へのトラックバックURL
http://yabai.blog10.fc2.com/tb.php/106-2ef0a35c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。